雛人形

雛人形かがやき

ひととえ かがやき 雛人形 / 衣裳着雛人形
親王飾り
上品に輝く正絹の衣裳をまとった衣裳着雛人形。
お雛様は天皇と皇后の結婚の儀式をモデルとしています。殿の正装は束帯(そくたい)。冠をかぶり袍(ほう)という上着を着て、笏(しゃく)を持ちます。姫は「五衣(いつつぎぬ)」に上着である「唐衣(からぎぬ)」と腰に巻く「裳(も)」をまとった「十二単」です。この衣裳は現在も皇室に受け継がれている正装です。
殿と姫のシンプルな親王飾りですが、衣裳着ならではの豪華さや優雅さが魅力です。
検索結果 6 件
絞り込み検索はこちら